今回はJBL 4343WXの全面パネルの開け方をご紹介致します。
 
まずはネームプレートを取り外します
 
ドライヤーで熱しながら金属の薄いヘラを使って剥がします
 
このように取り外したら
 
 
 ミッドバス
 
 ウーファーを取り外します
 
私は慣れていますのでインパクトドライバーを使いますが初めての方は+ドライバーを手で回す方がねじがなめませんのでおすすめです。
 
アッテネーターを取り付けてある6個のインチネジと全面バッフルを止めてある12個のインチネジを取り外します。
 
完全に本体に張り付いていますので大型のハンマーを使いバッフルの裏面を慎重に叩き
本体側から剥がれる感触があったら
 
膝で下面を押さえながらミッドバスユニットの取り付け穴に手を入れて引っぱり
 
淵を傷つけないよう完全に外します
 
中はこうなってます
 
これでツイーター2405やホーンドライバー2420にアクセスし取り外しメンテナンスが可能になり吸音材のグラスウールも新品の物に交換が出来ます。ホーンドライバー2420とアッテネーターはメンテナンスが必須です。
 
 
 
お電話が繋がらない場合は恐れ入りますが繰り返しおかけ下さい。
 
JBL、TANNOY、ALTECなど修理、販売、買取
中古ヴィンテージスピーカー専門店
Sound Design ROXX
サウンドデザインロックス
代表:樋上純一
〒299-4345
千葉県長生郡長生村本郷7333-7
(九十九里浜)
TEL:0475-36-2621
古物商許可証〔第441210001362号〕千葉県公安委員会